無料の不用品回収を拒否された話

引っ越しなどの時に、いらない家具や粗大ゴミを処分する際に「無料回収引取り」を利用しようかと考えている人もいるかもしれません。

しかし、どのゴミ屋敷片付けて清掃を神戸で頼むと家具があまりにもボロかった場合、引き取りを拒否される場合があります。

今回は引っ越しの際にソファを無料引き取りしてもらおうと思ったら引き取り拒否どころか、回収の費用を請求された体験談を書きます。

【引っ越しでソファを無料回収業者に依頼する】

2人の子供が大きくなり、今の家では手狭ということで引っ越しをする事になり不要な家具なども捨てることにしました。

ご存知の人も多いでしょうが、家具というのは処分をする際に役所などに申請をして、家具の大きさや種類などに適した費用をコンビニエンスストアで払い、回収のための用紙を貼り付けて指定の場所に出すのが一般的です。

しかしいらなくなった家具を処分するために金を払うのもバカバカしいと考えた私は、以前からネットで見かけていた「家具の無料回収」という業者に連絡することにしました。

【無料回収業者、4~5社にLINEで見積もりを依頼する】

最近の無料回収業者というのは便利で連絡ツールのLINEで友達登録をして、引き取って欲しい家具の写真を送信するだけで見積もりをしてくれます。

私が依頼したのは妻の兄から譲り受けた2人掛けの革張りのソファなのですが、子供が日常的に乗っていたこともあり、所々に革が破れていたりしました。

そのソファの写メを送ったところ、返信で届いたメッセージは軒並み「写真を拝見しました、状態が悪いようですので回収は不可です」というメッセージでした。

無料回収業者の1社などは「回収はさせて頂きます。1万2000円になります。」と来ました。

一瞬「えぇ!そんな高額に買い取りしてもらえるの?」と思ったのですが、よくよく聞いてみると逆にこちらが回収費用として払わなければ引き取りをしてもらえないとの事でした。

結局、無料回収業者に頼ることはやめて、役所に届け出をして重いソファを運び処分しました。

【無料回収業者は何でも引き取ってくれるわけではない】
もし、引っ越しを考えている人で「無料回収業者」に頼って家具などを処分しようと考えている人がいるなら、ご注意ください。

私の例のように引き取りを拒否される場合もあります。

その場合、役所での手続きをすることになるのですが、申請をしてから捨てるまで1週間~2週間ほどかかる場合もあります。

今回は「無料回収業者は何でも引き取ってくれる訳ではない」という記事を書かせて頂きました。