遺品整理で不用品回収を利用

実家で一人暮らしをしていた母が亡くなり、遺品整理を行う必要が生じました。自宅が実家に近く、とても不用品回収を少なくとも神戸に頼むとまたすでにリタイアして時間が十分にあったので、半年ほど掛けて自分達で遺品整理を行いました。分別して自治体のゴミ回収で廃棄できるものは、それを使って少しづつ廃棄し、作業を進めました。そして半年程度を掛け整理・廃棄を終えましたが、自治体が回収してくれない色々なものや、大型の家具家電が多数残りました。そこで信頼できる不用品回収業者を自治体から教えてもらった業者団体の事務局から業者を紹介してもらい、そこに回収をお願いしました。電話を入れて回収してもらう日時を決めました。不用品片付けなら神戸の業者がとてもその時、業者さんから家電リサイクル法で廃棄費用が必要な者に対しては、事前に郵便局で料金を支払い、証書をもらって置くように指示されました。指示された事で、業者さんがしっかりと法令順守して回収・処分されている業者である事が確認でき、一層安心したものです。そして回収当日、3人の作業員が来られ、まとめて置いていた大型の不用品を手際よく搬出し、積込を完了されました。ゴミ屋敷でも神戸の業者は清掃や片付けを頼むと費用もそれほど高くなく、きっちりと大型の不用品を処分する事が出来、非常に助かりました。こうした業者さんがなければ、最終処分に大いに困った事だろうと思うと、改めてありがたく感じさせられました。