引越での不用品処分は大変

我が家は昨年引越しましたが、大型の不用品がいくつかあってその処分には結構手こずりましたので、皆さんに体験談としてご紹介します。
我が家の大型の不用品としては、どうしても不用品回収が多い神戸のニトリで購入した二人がけのソファーと、一人用のソファーベッドでした。
まず、二人がけソファーは表面の合皮のカバーの痛みがひどかったので、オークションなどで売るわけにはいかず、粗大ゴミに出すことにしました。ただ、ここで困ったのが引越し元の区では引越し日までに粗大ゴミ収集の予約が間に合わなかったのです。地区によってネットでの予約システムで予約できる数が決まっていて、不用品回収を少なくとも神戸にそれを超えるとどんどん日程が後になってしまいます。私の場合は結局間に合わず、引越し先まで運んできて、引越先の区で粗大ゴミの予約をする羽目になりました。その分、引越し業者に支払う金額も上乗せになってしまいました。
次に一人用のソファーベッドですが、これは綺麗に使っていたのですが、ネットオークションなどだと送料が高くついてしまうので、結局は売れません。ここで思いついたのがジモティでした。一週間前に募集したら近所のおばさんが友達の軽トラックに乗って引越当日にわざわざ来てくれました。無料で差し上げたのですが、どうしても清掃して片付けて神戸の業者にゴミ屋敷を引越用にと冷たいペットボトルのお水の差し入れを何本かしてくださいました。たいへん有難いですね。
とにかく大型の不用品は運搬が大変です。できるだけ早めに処分方法を検討されることをお勧めします。